Fujitsu ARROWS Tab Q506/ME

D6F99w8UEAAewJs.jpg

https://twitter.com/iosys_official/status/1126319900375506944

ニュース

チラシの補足

  • イオシスで販売されているモデルはカスタマイズ品: FARQ06012Z
    • タッチ機能はありますが、デジタイザ(ペン)はありません。ディスプレイ側の部品がないので、別売りのペンを購入しても利用できません。
    • 専用ケースが付いてくる
  • 比較的利用頻度の少ない個体が多い
    • バッテリの充電回数が数回のものと、100回前後のものが混在している (注意、以下参照)
    • 専用ケースのゴムバンドがゆるゆる(伸びているもの)も混じっている (実用上支障なし)
  • USB*2はフルサイズのUSB2.0とUSB3.0がひとつずつ
  • Windows Updateをかけると本体のmicroSDスロットが利用できなくなる模様 (回避方法あり)

簡単なレビュー

  • 昨今のタブレットに比べると厚みがあり、またそこそこ重いため電車の中で片手で使うのは厳しい
    • その代わり教育用だけあって頑丈な設計で安心感はある
  • バッテリー駆動時間はメーカー公称10.5時間だが、普通に使うと4-5時間程度
  • CPUのx5-Z8500はatom最後の世代でもあり遅くはないが、core i系に比べるとかなり落ちるため期待しすぎてはいけない
    • Webブラウズやお絵描き程度は問題ないが、動きのある最近のゲームを行うにはつらい
  • 液晶はオフィス系アプリやブラウズ向けには必要十分だが、少しコントラスト低めで写真スタンド代わりには厳しい
  • 防水付きWindowsタブレットとして活用するならこの値段はかなりお買い得

メーカー情報

ソフトウェア

BIOS

OS

Windows 10 Pro Education

ドライバ

「FUJITSU-ドライバーズディスク検索」

添付ソフトウェア

リカバリ

  • リカバリガイド(PDF)参照のこと
  • DtoDリカバリ(ハードディスクの隠し領域)からのリカバリは不可能
    • 完全リカバリを行う場合は、別途「リカバリUSBメモリ」を入手(購入)する必要がある
    • 本体では「リカバリUSBメモリ」やリカバリ用DVDは作成できない

ハードウェア

バッテリーの充電回数

  • BIOS、および富士通のユーティリティよりバッテリー充電回数が参照できる
  • しかし、BIOSアップデートなどで回数がリセットされるようで、あまり当てにならない
  • ある程度バッテリーを使った後で、充電→充電終了をしてもカウントされないことがあったりと、どのタイミングでカウントされるのかもよく分からない
  • メーカー公称では800から1000回の充放電サイクルで寿命とのこと

分解

  1. 背面パネルを外す(ツメではめ込んであるだけので折らないよう慎重に外す)
    1. もしバッテリーを外すなら粘着してある透明のプラ板を剥がしてバッテリー固定ネジをすべて外すことで可能だが、新品の透明プラ板がないと防水性は無くなるので必要時以外は触らない
      q506_1.jpg
  2. 見えているネジをすべて外す(四隅とそれ以外でサイズが違うので混ざらないよう注意)
    1. プラ板裏にあるバッテリー固定ネジは外さなくても分解可能
  3. 背面パネルを外した面の、電源や音量スイッチ部分にはめ込んであるパーツを外す。 するとボタン(電源、音量、アプリ)キーが抜けるので外す。
    q506_2.jpg
  4. USB端子側から液晶面と基板面をツメを外しながら少しずつ慎重に外していく。
    1. 防水ゴムが密着してるので結構力が必要だが、勢いよく外すと液晶とのフィルム配線が切れて修復不能になるため注意
  5. 3cmくらい隙間が開いたら、液晶とタッチパネル用のフィルム配線を外す。(写真の赤丸部分)
    1. コネクタのロックパーツを跳ね上げると自然にケーブルが抜けるので、無理に引っ張らないよう注意
      q506_3.jpg
  6. あとはゆっくりと液晶面と基板面を剥がすように進めていくと分解完了
    q506_4.jpg

デジタイザ

  • デジタイザ機能は省略されているが主基板上にはデジタイザ用と思われる未使用コネクタ端子がある
  • ただし液晶側にデジタイザ部品も取り付け用の場所もないため、デジタイザ搭載モデルとユニットごと別部品と思われ、後つけはかなりハードルが高い
    q506_mbd.jpg

モバイルWAN

  • SDカードの隣のSIMスロットは黒いテープで蓋をしてあるが部品は実装されている
    q506_sim.jpg
  • 主基板にモバイルネットワークカード用のm.2スロットも実装されている
  • ただし、携帯用アンテナが省略されているためカードだけ入手しても利用は不可
    • 純正実装品は付属アプリからみて Sierra Wireless AirPrime? EM7330 相当品と思われる(未確認)

トラブル

Windows Update後、本体のmicroSDスロットが利用できない

  • microSDカードを刺すとSDカードは認識はするが、エクスプローラーから操作できなくなります
  • 本体プリインストール「FUJITSU-ドライバーズディスク検索」から「I/O接続親和性向上ツール」の「SetSDCard.exe」を実行すると解決します
  • 参考: https://twitter.com/iosys_official/status/1126695410393739264
  • 1903のアップグレード時にmicroSDが挿してあると再起動時に止まるので取り出しておく。アップグレード後には、上記の方法で再認識させる。

添付ファイル: fileq506_mbd.jpg 727件 [詳細] fileq506_sim.jpg 552件 [詳細] fileq506_bios_1.jpg 420件 [詳細] fileq506_4.jpg 480件 [詳細] fileq506_3.jpg 219件 [詳細] fileq506_2.jpg 141件 [詳細] fileq506_1.jpg 445件 [詳細] fileD6F99w8UEAAewJs.jpg 456件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-10 (水) 20:24:30