Adobeのソフトを7割引で購入する

LINEで送る
Pocket

移転後早々アフィリエイトblogみたいなことを書いていますが、そういうつもりはありません(苦笑)

以前からAdobe Illusrator/Photoshop/Indegisnが欲しいと思っていたのに高くて手が出なかったんですね。そんなところに、先日google adsenseで「Adobeソフトが7割引」という宣伝を見つけまして。これはもしかしてよくある詐欺かしらん、と思って調べてみたところ、一応Adobeの正規ライセンスプログラムらしいのです。これに限らず最近Adobeはオンラインショップで期間限定割引を連発しています。やはりAdobe系のソフトも一定の層には普及しきってしまって、新しい層を開拓しているのだろうなぁなんて考えながら、私も「この価格なら」なんて思って金策を考えてしまうわけです。思うつぼですね。

で、本題の7割引の件。今年の6月1日づけてAdobeの認定スクール(専門学校)の取り扱いが大きく変更になったようで、アドビスクールパートナーという制度が立ち上がりました。で、この「プラチナスクールパートナー」に注目の条件があります。

プラチナスクールパートナーの場合、アドビが指定した通学コースおよび通信教育コースに在籍する受講者に特別価格でアドビ製品を提供することが認められています。

以前から一部の専門学校はAdobeのアカデミックライセンスの適用対象になっていたようですが、その適用が取りやめになったようです。で、その代わりにスクール自体がAdobe製品を販売して良いと。そして、プラチナスクールパートナーの場合、通信教育の受講者も対象に含むことができるという条件の緩和?が行われたのですね。1

それを受けてか、各スクールパートナーは積極的にAdobe製品の通販に乗り出したようなのです。私がみたのもこのスクールパートナーが出していたAdSense広告でした。
形としては「通信教育コース」であり、その教材としてAdobe製品を販売するということになっていますが、後述のとおりいくつかのスクールは「Adobe製品が安くで買える(ついでに教材もついてくる)」と言わんばかりの状況になっております。一応Adobeのページからリンクされてるし、Adobeもわかった上で許可してるんだと思うんですが、ほんまにええんか、それ、という気もしないではありません。

で、Adobeのページからリンクされているスクールのうち、積極的に通販を行っているっぽい4社について、値段を比較してみました。念のために書いておきますが、これは私が調べた瞬間2の価格であり、キャンペーンの終了などで価格が上下する可能性もあります。また、一応それなりには調べていますが、スクールに支払うべき費用がこれだけですむのかについては責任を持てません。自分でよく調べてから注文しましょう。

Adobe Store パソコンスクールISA アドバンスクール Winスクール マルチメディアスクール WAVE
Master Collection 397,950 118,250 120,780 117,780 167,800
Web Premium 236,250 96,250 98,800 96,800 138,800
Design Premium 249,900 97,250 99,800 96,800 138,800
Production Premium 261,450 92,800 95,170 92,170 134,800
Design Standard 198,450 65,230 67,600 64,600 88,400
Photoshop Extended 140,700 33,280 33,280 33,280 39,500
送料 ? 0 630 525
備考 通信教育1講座付き。金額は入学金(5,250)含む 学習用テキスト1科目付き オンライン講座1科目付き。金額は銀行振り込み割引適用後 動画講座付き

※スクールのリンク先は、通販ページっぽいところにしてあります

商品によって値段が違いますが、ざっと見て確かに7割引ぐらいですね。アカデミックライセンスと同じぐらいの価格になってます。

各スクールとも体裁は「通信教育」なので、テキストがついていたりWebで見られる動画講座があったりと、そういうのをコミにした価格になってます。ほとんどおまけみたいなものですが、別に本気でスクールに通いたいわけではないので、その方が気が楽です。まあ、せっかくなのでテキストとか講師への問い合わせを活用するのも悪くないとは思います。

そんなわけで、これで放送大学に入学しなくても良くなったとほっと胸をなで下ろしているわけです。あとは金策だけ……

  1. もしかしたら以前から認められていたのかも。 []
  2. 実はこの記事、書いたはいいけど掲載忘れたままEvernoteの隅っこで数ヶ月眠っていたのです。再度調べ直したわけじゃないので、数ヶ月前の情報のままと思ってください。 []